書きたい内容に集中できる
パワフルな文章校正とアシスト
AI文章校正ツール
wordrabbit

ワードラビットは、書きたい内容に集中できるAI文章校正ツールです。日本語専用に開発されたAIが、書くたびにリアルタイムで文章を校正。まるで専門のアシスタントがすぐ側にいるように、形式面のチェックをサポートします。さらに、企業独自のチェックを取り入れたり、チーム内でルールを共有したりすることで、文章作成業務全体を効率化します。

日本語の文章校正に特化したAIが
あらゆるシーンで
あなたの文章作成をアシストします

メディアやブログなどの、コンテンツを校正する編集者やライターに。大量の文章を瞬時に校正し業務時間を削減して、企画やコンテンツの中身に使える時間を増やします。

ブログの文章

対外的なプレスリリースや社内文書のレビューを行う広報チーム、ひとり広報に。企業のルールを一括管理し、ブランドに一貫性を持たせます。

プレスリリースの文章

カスタマーサクセスやカスタマーサポートの業務効率化に。メールなどの文章を送信する前にレビューすることで、チーム全体の業務効率化とアウトプットの均一化につなげます。

メールの文章

Webサイト、広告などのコンテンツを作成するマーケターに。禁止用語や不当表示のチェックを自動化したり、効率的に文章をチェックしたりすることで生産性を向上します。

広告の文章

作文、論文、小論文の添削に。生徒の書いた文章を添削することで、生徒の作文力向上や、教師の業務削減につなげます。

作文の文章

いつもの場所で使えます

wordrabbitはwebブラウザ版に加えて、Microsoft Wordの機能拡張としても使えます。
業務フローの変更は不要。いつもの運用に取り入れて、作業を効率化します。

  • ブラウザ

    Google Chrome、Safariなどのブラウザ上からwordrabbitにログインするだけで、簡単にAI文章校正を行うことができます。

  • Microsoft Word

    Microsoft Word(Windows版)の拡張機能としてwordrabbitをインストールして、いつも書く場所で文章の修正提案を取り入れることができます。

いつでも手軽に文章のミスを発見

先進的な人工知能が、日本語の文章をすぐさま校正。文法の誤り、誤字・脱字、ミスタイプを発見したら、まるで添削のプロがすぐ隣にいるように、リアルタイムで修正案をお知らせします。

いつでも正確に

入力するごとに、誤りを素早く修正。

文章の誤りを素早く見つけます。例えば、誤字・脱字、漢字の誤りなど、多くの種類のうっかりミスに対して、修正候補を提案。わずか数秒で、日本語の誤りを修正し、精度を向上します。

ビジネス用途の文章チェックに

ビジネスレベルの文章チェック。

差別語、商標、表記ゆれなど、ビジネスに必要な修正提案を行います。内閣府の告示や出版物で使用されるルールを採用し、公平で読みやすく、分かりやすいビジネス文章に仕上げます。

文章力を向上

修正理由を確認して、文章力を向上。

ビジネスシーンで先輩や同僚から文章をレビューしてもらうのと同じように、wordrabbitは修正理由も記載します。文章の癖を理解して改善することで、文章力を高めることができます。

修正理由を確認して、文章力を向上。
見違えるような文章に

スタイルガイドで自分だけのカスタマイズ。

wordrabbitのスタイルガイドを使えば、文章に一貫性を持たせることができます。例えば、社名の表記を英語ではなくカタカナに統一したいときや、数字の全角・半角を統一したいとき。こんなときはスタイルガイドに登録するだけ。あとはwordrabbitにお任せください。

スタイルガイドで自分だけのカスタマイズ。

AIによる校正で
内容に集中できる時間を増やす

文法の誤り

てにをは・漢字・送り仮名の誤り、ら抜き言葉など日本語文法の間違いを検知して、正確で読み間違えのない文章に修正します。

助詞の誤りを修正。
文法の誤りを修正。
ひらがなの誤りを修正。
カタカナの誤りを修正。
固有名詞の誤りを修正。
漢字の誤りを修正。
送り仮名の誤りを修正。

ミスタイプ

ミスタイプを検知。正しい語に訂正することによって、文章のミスを減らします。

名詞の誤りを修正。
活用形の誤りを修正。
助動詞の誤りを修正。

文章チェックのコストを
大幅削減

wordrabbitでビジネス文章をレビュー。有能なアシスタントのように素早く選択肢を提示して、チームを助けます。独自のルールを設定することによって、ドキュメントの品質を一定に保って、企業のコンプライアンスを維持し、ブランドを守ります。

  • 禁止用語・不当表示
  • 差別語などの言葉
  • ビジネス向けのトーン
  • 表記揺れ

禁止用語・不当表示

誤解を与える恐れのある不当表示や、ガイドラインに違反している表現を検知します。例えば、「日本一」「最高級」など。業界特有のワードをリストに取り込むことで、コンプライアンスの順守を支援します。wordrabbitの検知は単語の活用形にも対応しているため、より正確に用語を検知します。

差別語などの言葉

不快語、差別用語、公平でない言葉を検知。差別や不平等な意味を含む言葉を、別の言葉に言い換えることで、企業のリスク管理やブランド維持に貢献します。

ビジネス向けのトーン

ビジネスに合ったトーンかどうかを検知します。例えば、「すごい」「がっつり」といった話し言葉や、「進まねばならぬ」といった文語調の言葉を見つけるのも簡単です。

表記揺れ

「ユーザー」と「ユーザ」など、同じ言葉を別の表記で書いた表記ゆれを検知。一貫性のある文章に修正して、読みやすさを向上します。

AIは完全ではありません。
しかし文章レビューはこれまでよりも
はるかに進化しています。

wordrabbitの体験を作るのは、ニューラルエンジンを活用した、独自のトランスフォーマー言語モデルです。コーパスから8,000万語の単語のつながりを解析することによって、優れた文章のパターンを導き出し、モデルを進化させ続けてきました。ニューラルネットワークを用いた文章修正に加えて、経験的知識をもとにしたルールベースの文章修正を行うことによって、相互に補完・検証し、自動修正をこれまで以上に正確にします。

シンプルな操作画面で
文章の誤りを瞬時に発見

提案された修正候補を反映する方法は、ボタンをクリックするだけです。文章を入力するごとに、リアルタイムで修正を実行できます。wordrabbitが自動検出する修正候補は、内閣府の告示や出版物など、多くの方にとってよりなじみのあるものです。だからといって、すべてを反映する必要はありません。修正案が思うものでなければ、もとの文のままにしておく選択肢もあります。

修正候補をクリックするだけ

修正候補が提案されたらクリックするだけ。自分で修正候補を考える必要はありません。自分の意図に合う修正候補を取り入れて、すぐさま文章を改善することができます。

カスタマイズした修正も追加できます

禁止用語や置換したい単語をリストに登録するだけで、独自のチェックも自由自在。担当者が変わっても、まるで古くからいる頼れる社員のように、文章の質を均一に保ちます。

すべてを採用する必要はありません

文章の持ち主はあなたです。必要な箇所だけwordrabbitが提案する修正候補を取り入れて、最後はあなたの意見を優先してください。

文章の書き方を学習できます

wordrabbitはなぜこの修正候補を提案したのか?それが分かれば、文章を書くのにまだ慣れていない人にとっては、書き方を学習することにつながります。wordrabbitは、内閣告示や出版物など、一般的なルールに基づいて修正理由を説明します。